歯並び・矯正治療 情報通信

2013年7月16日 火曜日

浜松市で小児矯正も積極的に行っております。

当クリニックは、浜松市で歯列矯正を専門に診療しております。
今回は小児矯正についてお話したいと思います。

小児矯正は、永久歯に生え変わってからだと難しくなる可能性が大きくなります。
成長過程で顎の大きさも変化してくるので、永久歯の大きさと合う顎になるのは難しくなります。
幼いころからの矯正を行う事で、歯を抜かないで歯列をきれいに治せる率が高くなります。

お子様に口呼吸や指しゃぶり、爪を噛んでしまう癖などありませんか。
歯列に大きな影響を与えてしまう癖になります。
早めにご家族の方が気づくことができると、その時々で注意をしていただくことが出来ます。
注意をされることをお勧めいたします。

当クリニックでは、必要に応じてお子様と保護者様を対象にアドバイスをしておりますので、気になった方はお問い合わせください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 KAN歯列矯正クリニック