歯並び・矯正治療 情報通信

2013年11月 5日 火曜日

矯正のお悩みは浜松市の当歯科へ

矯正はいつから始めるのがいいのでしょうか、とよく質問をされます。
何歳でも矯正は可能ですが、その年代に合った矯正の仕方があります。
今回は小児、子供の矯正についてお話ししたいと思います。

小さいお子様は乳歯が抜けて、永久歯が生えてくる頃、矯正をしたほうがよい場合があります。
さまざまな原因がありますが、指しゃぶりや、爪を噛むなどのくせが歯並びを悪くするとも言われています。
ただ、お子様はその行為をすることで安心感を得ている場合がありますから、無理にやめさせるのも考えものです。

当歯科医院では、装置による治療の他に口腔筋機能療法を実施しております。
お子様自身の努力で歯並びを治せるようアドバイスをさせていただいております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 KAN歯列矯正クリニック