スタッフブログ

2014年1月23日 木曜日

冷たいもので歯がしみる~その1~

こんにちはsun
今日はよいお天気になりました。
お日様がしっかり顔を出してくれて外は暖かいみたいですねsign01

しかしここ最近は寒いですね~coldsweats02
大寒前後あたりからグッと冷え込むようになりましたねbearing
お水が冷たいですcrying

お水が冷たいと言えばつながって連想するのが【知覚過敏】

知覚過敏、お聞きになったことがある方も大勢いらっしゃることかと思います。
最近ではテレビCMでも少し聞くようになりましたねear

知覚過敏とは冷たいものや風、酸味の強いもの(お酢やみかんなど)が一時的にしみる症状の歯の状態をいいます。
ハブラシを当てた瞬間に歯の根元がキーンとしみる方もいらっしゃいます。

冷たいものが歯にしみる原因にはむし歯もありますが、それとは別に知覚過敏があります。
しみる部位や状況、歯の状態によってこれらのどちらが原因でしみているのかを区別します。

歯の構造は以下のようになっています↓

一番外側にある、歯の鎧(よろい)の役割をしているエナメル質が何らかの理由で欠けたり減ったりするとその内側にある象牙質が露出して、象牙質にある象牙細管を通して外部刺激が歯髄(神経)に到達してしまい、痛みやしみ感として不快に感じる、これを知覚過敏と呼びます。

次回~その2~ではエナメル質が欠けたり減ったりする原因についてお話していきたいと思いますflair

KAN歯列矯正クリニックの待合室には掲示板がありますが、現在はこの知覚過敏について掲示してありますhappy01
当院にお越しになった方は是非お読みになってからお帰りくださいねeye






このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 KAN歯列矯正クリニック

カレンダー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30