院長ブログ

2014年2月18日 火曜日

バレエ観賞してきました

最近バレエコンクールで日本人が大活躍していて、大変嬉しいです。そこで、前から興味のあったバレエ観賞に出かけて来ました。会場は上野の文化会館というところで、東京バレエ団のロミオとジュリエットを上演していました。行ってみて、音楽は実際にオーケストラが演奏しているのも初めて知りましたし、お客さん方も年齢層が高く、ミュージカルとは違う落ち着いた雰囲気で幕が上がりました。想像では音楽にあわせてイメージで踊るだけかと思っていましたが、実際には喜びや悲しみなど、無言であるが故にミュージカルや演劇より伝わるものがあり、無常な世界観に引き込まれました。特に息子の死を嘆く母のシーンと恋人同士の情感溢れるふれあいの表現はとても素晴らしく、踊り手の表現力に感心しました。シーンによっては主役が一時間ほとんど踊ることもあってか、三回も休憩があるのですが、かえって観ている方も集中出来て良かったです。浜松は音楽の町ということで、コンサートなどは良く開催されてますが、バレエも機会があれば地元で観てみたいです。



このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 KAN歯列矯正クリニック