歯並び・矯正治療 情報通信

2014年3月 6日 木曜日

浜松市にお住まいの歯並びの良くない方へ

歯の矯正は、食べ物をきちんと噛めるようにするために行う治療ですが、年代によって少しずつ意味合いが違うかもしれません。

小児や子供のころに行う矯正治療は、歯並びを整えると同時に、歯並びの悪くなるようなクセなどについても直せるようにアドバイスをし、成長へとつなげる意味があります。

10代で行う矯正治療には、多感な時期を前向きに過ごせるようにするための助けになります。
歯並びが悪いことで、恥ずかしいとか口を開けて笑えないことがなくなるでしょう。

大人になってからの治療は、美しい口元を作る目的の方が少なくありません。
40代、50代になると歯の健康から体の健康へつなげるという目的になるかもしれません。
いくつになっても矯正治療は可能です。
歯の矯正をお考えの方は、当クリニックへご相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 KAN歯列矯正クリニック