スタッフブログ

2014年4月23日 水曜日

4月29日は歯肉炎予防デー!!

こんにちはhappy02

先週土曜からずっとすっきりしないお天気が続いていましたが、昨日から久しぶりのお天気となりましたsunshine
主婦のみなさまはお洗濯に追われた一日だったでしょうかcoldsweats01

さて、4月4日の歯周病予防デーに続き、4月29日は歯肉炎予防デーですflair


みなさまは歯周病と歯肉炎の違いをご存知ですかup

厳密に言えば、歯肉炎も歯周病に含まれます。

歯肉炎とは歯ぐきに炎症が起きている状態で、歯ぐきの腫れ・発赤(赤みをおびること)・出血・痛みを症状とします。
痛みや出血がない場合は気が付かないことも多いです。

歯周病とはその名の通り、歯の周りの組織の病気です。
歯肉炎に始まり、歯を支えている歯根膜(クッションの役割)や歯槽骨(歯を支える骨)などが破壊されていく病気ですwobbly

歯肉炎も歯周病も歯の汚れである【プラーク】から起こります。

歯をお家に例えると、プラークはシロアリみたいなもの。
歯も歯の周りの組織にも悪影響を及ぼします。
そしてプラークはお食事するごとにお口に増殖し、就寝時はさらに増殖します。

きちんと歯を磨く習慣がなかったり、きちんと磨いているつもりでもプラークがしっかり落ちていなかったりという原因により歯肉炎から発症し、歯周病へと移行しますsign01

歯磨きはもちろん大切ですが、お口のケアで重要なのは歯と歯の間や歯周ポケットのケアflair
この部分のプラーク除去に大きく活躍してくれるのがデンタルフロスですshine

デンタルフロスとは何百という数の細い糸を1本の糸に束ね、それを歯の間に通すことで歯ブラシでは届かない部分のプラークを掻き出すお口の清掃用具です。

よくCMとかで見かける「糸ようじ」などは、デンタルフロスをもっと使いやすくした初心者向けのアイテムですnote

素敵なお家を建てるのにも地盤は肝心sign03
健康な歯を保つには歯を支える周りの組織の健康が大切なんですね~confident

KAN歯列矯正クリニックでは患者様にフロスの使用方法も詳しくアドバイスしておりますhappy01
いつものケアにフロスを加えるだけでお口の健康がグッとアップします。
フロスに興味のある方は、スタッフにお声をかけてくださいねheart02

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 KAN歯列矯正クリニック

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30