スタッフブログ

2014年5月21日 水曜日

学校歯科検診の時期ですね!ーむし歯の進行についてー

こんにちはhappy01

5月も半ばを過ぎましたが、例年に比較するとまだ朝晩涼しいですねbud

さて、前回のスタッフブログ「学校歯科検診ー不正咬合についてー」に続き、今回はむし歯の進行度について書いていこうと思いますpencil

検診を受けながら、歯医者さんが読み上げる単語を聞いて「なんのこと~sign02」と不安になったことはありませんかsign02
歯医者さんがお口を診ながら読み上げる「C1」「C2」などはむし歯の進行度(深さ)を現わしていますflair

では、C(むし歯)の段階について解説していきましょうpencil

C0・・・要観察歯 むし歯の初期状態
    歯の表面が白く濁っていたり、奥歯の溝などが少し茶色    くなっていたりする状態。
    見た目にはほとんどわかりづらいむし歯の初期状態で     す。
    頑張ってケアをしていけば治療しなくても済むケースが    多いです。

C1・・・むし歯の中期状態
    ごく小さく歯に穴が空いている状態です。
    歯の一番表層のエナメル質にむし歯がとどまっている状    態です。
    痛みなどの自覚症状はないですが、進行させないために    も治療が必要となる場合がほとんどです。

C2・・・むし歯の後期状態(前半)
    歯の表層から2番目の象牙質にむし歯が進行している状    態です。
    むし歯の範囲が大きいと冷たいものがしみたりするよう    になります。
    甘いものや温かいものがしみるようになると神経(歯     髄)を抜かないといけない場合もあります。

C3・・・むし歯の後期状態(後半)
    歯の神経(歯髄)にまでむし歯が進行している状態で     す。
    神経が炎症を起こし、激しい痛みを感じます。
    熱い食べ物や飲み物もしみてきてズキズキ痛み出しま     す。これを歯髄炎と呼びます。

C4・・・むし歯の末期状態
    歯の根だけが残る末期状態。
    神経が死んでしまっている場合が多く、痛みを感じなく    なります。
    ただ、これを放置すると根の先からさらに炎症が広が     り、固いものを噛んだりすると痛みや違和感を感じたり    します。

このようにCと呼ばれるむし歯の状態には段階があります。

段階が低ければ低いほど、歯を削る範囲も少なく、歯のダメージが少なく済みます。
逆にたくさん削ったり神経を抜いたりすると、健全な歯に比較して将来的に歯のもちが悪くなっていきます。

よく言われる「痛くないからまだいいや」が一番よくありませんsign03
少しでも異常がある場合は、痛みなどの症状がないうちに正確な診断を受け、なんらかの処置(予防を含め)をすることが良い歯を保っていく重要な要素ですsign01

検診で異常の診断が出たり、鏡で見ていて「あれ?」と思ったらきちんと歯医者さんに診てもらいましょうeye

ここ浜松市のKAN歯列矯正クリニックでは矯正治療中のむし歯の発生を極力防ぐように、歯磨き指導に力を入れていますrock
きれいな歯並びも大切ですが、健康な歯と歯ぐきがあってこそですからねconfident
矯正治療中の歯磨きの問題が解決できるよう、常に患者様個人の状態に合った道具や磨き方のアドバイスに努めておりますclover


    

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 KAN歯列矯正クリニック

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30