スタッフブログ

2016年3月10日 木曜日

歯並びが悪くなる原因

こんにちはtulip

暖かくなったり、寒くなったりと気温の変化が目まぐるしい毎日ですねsweat01
まだまだインフルエンザも油断はできませんが、みなさんはお元気ですかsign02

今日は歯並びを悪くする原因について書いていこうと思いますpencil

遺伝や骨格のせいだけではなく、日々の生活の中に歯並びを悪くする要因があるのをご存知でしょうか・・・。

歯というのはもともと決まった位置に生えて止まるものではなく、さまざまな要因で生える位置も、生えた位置も変化をしますflair
くちびるや舌、頬、歯を取り囲むものの圧力によって位置が変化するんですeye
その変化する習性を使って正しい位置へと導くのが歯列矯正ですshine

歯列矯正も矯正器具による歯への圧力で位置を変化させていきますupdownleftright

さて、その歯並びを悪くする要因とは・・・sign02

常にお口を閉じていられない口呼吸・・・・・・外側からの支えがなくなり、前突(出っ歯)や反対咬合(下あごが出る)、開咬(奥が咬めても前歯が咬めない)などを引き起こしますbearing

寝相・・・・・・頭の重さは成人男性で約6Kg、成人女性で約5Kgあります。うつ伏せ寝や横向き寝はその重さがあごや歯に負担としてかかり、歯列の変形やあごの変形を引き起こしますbearing

ほおづえ・・・・・・こちらもおなじく頭の重さが頬にかかることで歯列の変形やあごの変形を引き起こしますbearing

低位舌・舌癖・・・・・・舌は安静時、本来上あごに吸い付いているのが正常ですが、なんらかの理由により位置がさがり、安静時に歯を押したり、えん下(飲み込む動作)時に歯を押したりすることにより、歯が正しい位置からずれてしまいますbearing

猫背・・・・・・背骨が曲がることによりバランスをとるために下あごの位置が正常ではない位置になり、それによって舌の位置がずれ歯を押してしまうことにより咬み合わせが狂い、前突、反対咬合、開咬などを引き起こしますbearing

片側噛み・・・・・・むし歯があったり、なんらかの理由で片側の奥歯だけで噛む癖がついていると舌の動きに偏りがでたり、歯の萌出に影響したりで歯並びを狂わせますbearing

楽器演奏・・・・・・演奏するための姿勢が独特だったり、歯や唇に過度な力がかかったりする楽器を長年演奏したりしていると歯並びに影響が出ることがありますbearing

歯周病やむし歯・・・・・歯周病で歯の安定性が失われたり、むし歯で歯を失ったりしたままいると残りの歯の位置がずれることがありますbearing

いかがでしたかsign02
思い当たる項目がありましたでしょうかsign02

ここKAN歯列矯正クリニックではひとりひとりの歯並びを悪化させている原因に注目し、その方お一人ひとりに合わせたご指導もさせていただいておりますconfident
ただ矯正器具をつけるだけではなかなか治らない・・・そういった場合は原因に着目することが大切ですclover

当院ではMFT(口腔筋機能療法)の講習を受けたスタッフによる適切なアドバイスが受けられますhappy02

歯並びのご相談はKAN歯列矯正クリニックへどうぞtelephonemail

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 KAN歯列矯正クリニック

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31