スタッフブログ

2019年3月28日 木曜日

お花見の季節です~♪

こんにちはsun

の開花が待たれる季節ですねcherryblossom
浜松市内の予想では4月1日が満開との情報を昨夜ネットで確認しましたが、1日まではあと3日、まだ咲きはあまり確認できず、この3日で一気に開くのでしょうか・・・。


みなさんはお花見の予定がありますかsign02

が咲く時期はとても短く、雨が降りやすかったりもするのでお花見の予定も立てづらいですねcoldsweats01
それでも満開のを見ると「日本て素敵~lovely」としみじみ思いますheart04

気温の上昇と共にが咲いたりと少しずつ気分も上がりだしますが、冬の終わりと共に辛くなるのが花粉症sweat01
お花見も全開に楽しめないという方も多いのではないでしょうかsweat02

実は花粉症のひどい症状も口呼吸との関連があるそうですflair

口呼吸とは普段の呼吸時に鼻ではなく口を使ってしまっている呼吸のことkissmark

本来呼吸は鼻からするものですが、なんらかの理由で口だけで呼吸していたり鼻と口両方で呼吸していたりする方がいらっしゃいますeye
「え~呼吸できれば鼻と口、どっちからでもいいじゃ~ん」という声が聞こえてきそうですが、それは大間違いsign03sign03
身体からすれば口で呼吸するということは鼻で食事をするくらい不自然な事なのですwobbly
(参考:今井一彰先生著:舌トレ)

口で呼吸すると、本来鼻のフィルターでろ過されるはずの雑菌や花粉が直接体内に入ったり、鼻で暖められる空気が冷たいまま肺に入ったり、口の中が乾燥してしまい自律神経が狂ったり、口臭の原因になったり・・・まだまだ弊害はたくさんありますimpact

少し話が反れましたが、口で呼吸している人はアレルギー症状が悪化しやすかったりするのでただの花粉症ではなく喘息のようになってしまったりすることもありますdanger

花粉症でお悩みの方は「私は口呼吸じゃないかな?」と少し振り返ってみてくださいsign01
たまに「鼻が詰まるから口で息しちゃうんです~」という声も聞きますが、これも実は逆のことが多く、口で呼吸してしまっている習慣が鼻づまりを起こし、悪循環になっている場合が多いですcrying

あなたは口呼吸していませんかsign02
チェック項目
①くちびるがよく乾くもしくはよく皮がむけるのでリップクリームが必須
②のどが渇きやすい
③食事中に飲み物がないと食べづらい
④口を閉じても自然と数ミリくちびるが開いてしまう
⑤鼻がつまりやすい
⑥いびきをかきやすい
⑦朝口の中やのどが乾燥している
⑧口臭が気になる
⑨くちびるが比較的厚い
⑩舌全体を上あごにぴったりつけていられない
⑪むせやすい・飲み込みにくい
⑫疲れやすい・眠くなりやすい
⑬前歯が茶色くなりやすい


いかがでしたかsign02
①④⑤⑩⑬あたりは口呼吸の可能性大ですsign03
花粉症に限らず口呼吸は万病のもとshock

お口がぽかんと開いていなくても数ミリ開いているだけで気がつかずに口呼吸していることもありますbearing
ご家族からなど指摘されたことのある方は今すぐ治すよう心がけましょうsign03

ここKAN歯列矯正クリニックでは歯並びにも大きく影響する口呼吸を治すべく、口腔筋機能療法トレーニングができる歯科衛生士がその方その方にあったご指導をしていますclover
歯並びが気になり、口呼吸も思い当たる方はKAN歯列矯正クリニックへご相談くださいconfident

6月までの診療日程カレンダーを更新しましたpencil



このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 KAN歯列矯正クリニック

カレンダー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30