スタッフブログ

2019年10月17日 木曜日

台風被害・お見舞い申し上げます

こんにちはconfident

台風が過ぎ、めっきり秋の空気となりましたmaple

ここ浜松市では台風19号の影響は警戒していたほどではなかったのですが、各地の惨状に胸が痛みます。
大きな被害に遭われた方々に心からお悔やみとお見舞い申し上げます。
一刻も早く皆様が心穏やかに明るく過ごせる日が来るよう祈るばかりです。

災害時の生活は健康に生き延びるので精一杯、歯磨きなどには構っていられないのが現状かと思います。

ただ、お口はトラブルが起きるとなかなか厄介ですimpact
虫歯が悪化して痛む
歯肉炎や歯周病が悪化して痛む
口内炎ができて痛む
これらのトラブルは面積が小さくとも、気の大変滅入る痛みとなってしましますsweat01
そして、これらはケア不足で起こります(口内炎に関してはその全てではないですが)。

虫歯や歯肉のトラブルはお口の清掃不良が主な要因ですflair
口内炎は全身の抵抗力や栄養不足、そしてお口の清掃不良でも起こります。

災害時はお水も貴重なので、なかなか思うように歯が磨けないのも事実かと思います。

そこで・・・
歯が磨けない時用の防災グッズに入れておくと良いものをご提案いたしますpencil
デンタルリンス 
お口の菌を減少させたり、フッ素などで歯を守ってくれる働きがあります。
もちろん、歯磨きをした上での使用が好ましいですが、やむを得ない場合はこれだけでも多少が違います。
ブクブクしっかり歯全体に行き渡らせてゆすいで吐き捨てれば、磨けない時でも爽快感は得られます。
国産メーカーのがお勧めです。

シュガーレスのガム(矯正装置が歯についている方には向きませんsweat01
キシリトールやリカルデントなどの甘み成分を歯に良いもので作られているガムが好ましいです。
(普通にお砂糖や水あめを使ったガムは虫歯の原因になります)
ガムを長時間噛み、唾液をたくさん出すことによって、ガムの歯質強化成分だけでなく、唾液の成分で歯の強化を狙えたり、食事によって発生する酸(歯を溶かす)を中和してくれます。

デンタルフロス(または糸楊枝)
歯の間に詰まったものを取ることはもちろん、歯周病や虫歯の一番の原因となりやすい歯と歯の間の汚れを掻き落としてくれます。
ホルダーがついた糸楊枝ではなく、フロスを使う場合は手が口に触れるので、除菌ティッシュ除菌ハンドジェルがあるとよいでしょう。

この3つがあれば、ハブラシで磨けなくても、ある程度の汚れは取れて、トラブルの予防にもなりますclover

昨年の台風21号や今年の台風を経て、みなさんの防災意識もだいぶ高まっているように思いますup
一番大切なのは命を守り、食べ物とお水の確保をすることかと思いますが、もし、防災グッズの片隅にゆとりがあれば上記の3つも加えておいていただけると良いかと思いますconfident

矯正治療中の方は「装置が壊れた」「装置が引っかかって困った」などに対策できるように、はじめにお渡ししてある『歯科用ワックス』を常時携帯していただくのが良いかと思いますbag
ワックスをなくしてしまった、使い方を忘れてしまったという患者様はスタッフにお申し出くださいhappy01

歯並びでお悩みの方は浜松市のKAN歯列矯正クリニックへご相談くださいdog

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 KAN歯列矯正クリニック

カレンダー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31