歯並び・矯正治療 情報通信

2013年8月29日 木曜日

心身共に健康を目指す当院の治療法

静岡県浜松市、遠州病院駅から徒歩4分の当院は、矯正治療専門の歯科医院です。

当院は、心身共に健康であることを目標に、歯並びと噛み合わせを重視した矯正治療を行っています。
歯並びが気になる方はもちろん、歯と歯の間に食べ物が挟まる方、鼻呼吸が出来ない方、その他気になる症状をお持ちの方は、ぜひ当院へご相談ください。

当院の矯正治療は、子供から10代の患者様には大人になった時の顎のバランスを考えた、抜かずに治す治療を、20代の患者様には歯並びやあごのラインを整える歯列矯正を、といったように年代に応じた矯正治療を行っています。
また、矯正治療に効果的な歯科衛生士による口腔筋機能療法も取り入れています。

矯正治療に興味のある方も是非、当院へお問い合わせください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 KAN歯列矯正クリニック | 記事URL

2013年8月27日 火曜日

矯正歯科専門の当院の特長

静岡県浜松市にある当院は、歯並びの審美面と噛み合わせの機能面の両面から、患者様に最適な治療法を提案している、矯正治療専門の歯科医院です。

当院の特長は、歯並びと噛み合わせ専門の医師による診察と、矯正治療に精通した歯科衛生士による口腔筋機能療法です。

年代によって異なる口腔環境に合わせ、治療を行っている当院では、10代では大人になった時の顎の骨格バランスも視野に入れた治療を、20代では歯並びやあごのラインを整える歯列矯正を、30代以上では噛み合わせも考えた歯列矯正をお勧めしています。

また歯科衛生士による口腔筋機能療法は、矯正治療の効果が上がるほかに、口元の癖の改善やアンチエイジングにも期待できます。

お口のトラブルでお悩みの方は、ぜひ当院へご相談ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 KAN歯列矯正クリニック | 記事URL

2013年8月21日 水曜日

矯正治療の専門医院といえば当院です

当院は、静岡県浜松市、遠州病院駅から徒歩4分の所にある矯正治療専門の歯科医院です。

当院の矯正治療は、歯並びや口元のバランスを正常に整えるだけでなく、食べ物をきちんと噛めるようになる噛み合わせにも重点を置いています。
また年代別に異なる矯正治療を行っているので、3歳のお子様からご年配の方まで、安心して治療を受けることが出来ます。

当院では、より早くより効果的に治療が行える、矯正治療に精通した歯科衛生士による口腔筋機能療法も取り入れています。
咬み癖や開口などの口元の癖が改善され、アンチエイジングにも効果がある口周りの筋肉エクササイズです。

当院の診療は完全予約制ですが、相談は随時受け付けているので、まずはお電話でお気軽にお問い合わせください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 KAN歯列矯正クリニック | 記事URL

2013年8月11日 日曜日

矯正歯科のことなら浜松市の当院へお任せ

矯正歯科治療をご希望の方は、当院へお任せください。

当院は、小児や子供には抜かずに治せる矯正を、10代では骨格バランスに合わせた矯正を、20代からは歯並びやあごのラインを整える歯列矯正を、といったように年代に応じた矯正治療を行っている、矯正歯科専門の医院です。

当院の特徴は、歯並びや噛み合わせの専門医による診察と、矯正治療に精通した歯科衛生士による口腔筋機能療法です。

口腔筋機能療法は、お口の筋肉エクササイズのことで、正しい筋肉の動きで矯正治療をより早く効果的に行うことが出来ます。
アンチエイジングにも効果があるので、気になる方は是非当院へお気軽にご相談ください。

きれいな歯並びは心と体の健康の基本、をモットーに患者様の立場に立った診療をいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 KAN歯列矯正クリニック | 記事URL

2013年8月10日 土曜日

浜松市の矯正歯科といえば当院へ

当院は、きれいな歯並びは心と体の健康の基本と考え、診療にあたっている矯正歯科専門の医院です。

当院は、歯並びや口元のバランスを正常に整えるとともに、きちんと食べ物を噛める噛み合わせにも重点を置き、矯正治療を行っています。

当院のこだわりは、より早く、より効果的に矯正治療が行える、口腔筋機能療法を取り入れているところです。

口腔筋機能療法は、口周りの筋肉のエクササイズで、爪を噛んだり常に開口したりといった癖を改善し、正しい筋肉の動きをマスターすることで装置をつけなくても見た目がかなり改善される治療法です。
矯正治療だけでなく、加齢に伴い筋肉が落ちてくるアンチエイジングにも効果があるので、気になる方は是非当院へご相談ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 KAN歯列矯正クリニック | 記事URL