歯並び・矯正治療 情報通信

2013年9月27日 金曜日

大人の矯正治療についても

矯正治療を行うのは、比較的若い人だというイメージを持つ方もいらっしゃるのかもしれません。
浜松市で矯正治療を行っている当院では、50代、60代からの矯正治療についても、ぜひ積極的に検討していただきたいと考えております。

よく噛んで物を食べるというのは、健康維持のためにも非常に重要なことです。
平均寿命も長くなっています。
50代、60代の時期に、一度きちんと自分の歯を見直してみることは、その後の生活を見直す、いいきっかけとなるでしょう。
体に様々な変化を感じる時期だからこそ、矯正治療を行うのもおすすめです。

当院では、まず精密検査を行ってから、矯正治療のプランをご提案させていただきます。今さらなんて思わずに、検討してみてはいかがでしょうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 KAN歯列矯正クリニック | 記事URL

2013年9月25日 水曜日

自分に自信を持つために矯正治療を

矯正をするタイミングはそれぞれです。
もちろん早めに行うことでメリットも多くありますが、遅すぎるということはありません。
歯列について気になった時が、矯正し時だといえるのかもしれません。

浜松市にある当院には、20代の患者様にも多くご来院いただいております。
20代は、人生の中でも重要な時期です。
社会人として頑張る時期でもありますし、恋愛や結婚を意識する方も多いのではないでしょうか。
そんなときには、見た目も重要なポイントとなります。

歯並びは意外と人にチェックされているものです。
歯並びをきれいにすることで、自分に自信を持てるようにもなるでしょう。
大事な時期だからこそ、ぜひ矯正を検討してみてはいかがでしょうか。
目立たない矯正方法についてもご提案させていただきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 KAN歯列矯正クリニック | 記事URL

2013年9月24日 火曜日

お子様の矯正治療、早めにご相談ください

当院は浜松市にて矯正治療を専門に行っています。
以前「子供の矯正治療は、何歳から始めれば良いの」という質問をいただいたことがあります。
当院では、なるべく早い時期に一度ご相談いただければと考えております。

矯正治療と聞くと、器具を使った治療をイメージされる方が多いのかもしれません。
しかし、当院では、お子様の癖が歯並びの悪化につながらないよう、口腔筋機能療法も行っております。
永久歯が生えてくるその前に、お子様自身の力で、歪みを正していくことが可能なのです。

当院には、器具を使った矯正の前にできる治療があります。
乳歯の状態を早くからチェックしておくことで、生え変わりの際のトラブルを防止することも可能となります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 KAN歯列矯正クリニック | 記事URL

2013年9月17日 火曜日

浜松市で口腔筋機能療法が気になったら

歯並びが悪くなる理由は様々です。
中には、無意識にやってしまう癖が原因で、歯並びが悪くなってしまう方もいます。
こうした患者様の場合、矯正治療で現在の歯並びを良くする一方で、その癖を治していく必要があると考えています。

当院では、専門の歯科衛生士による「口腔筋機能療法」を導入しております。
これはお口の筋肉を鍛えることにより、正しい動かし方を身に着ける方法です。
歪みを元に戻す、また矯正された歯が再度歪んでしまうのを防ぐ効果が期待できます。
子供から大人まで、必要に応じて、矯正治療と並行して行います。

口腔筋機能療法は、見た目の改善も期待できる方法です。
矯正治療期間を短くできる場合もあります。
国内でも徐々に注目されている方法なので、ぜひご相談ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 KAN歯列矯正クリニック | 記事URL

2013年9月13日 金曜日

浜松市で矯正治療を行っています。

矯正治療を、単に「見た目の美しさのためにする治療」だと思っている方も多いのかもしれません。
もちろん矯正することにより、歯並びは美しくなります。
しかし、それは一つの結果にすぎません。
矯正治療の本来の目的は、正しく食べ物を噛めるようにすることなのです。

日本人の中で、歯列矯正が必要な人の割合は徐々に増加しています。
多くの人が、正しく食べ物を噛めていないのです。
きちんとしたバランスで噛めていないと、全身に悪影響を与えてしまいます。
肩こりや頭痛の原因が、実は歯並びだということも珍しくありません。

矯正治療と聞くと「費用がかかる」「時間がかかる」などの印象を持つ方もまだまだ多いのかもしれません。
何よりあなたの健康のために、まずは一度相談してみてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 KAN歯列矯正クリニック | 記事URL