歯並び・矯正治療 情報通信

2015年4月22日 水曜日

舌のクセについて

こんにちはhappy01

雨ばかりの毎日からやっとお天気になり、いよいよゴールデンウィークも近づいてまいりましたねnotes
浜松市は恒例の浜松祭りがあり、2週間前くらいからここ田町でも日曜ごとにお祭りのラッパ音が聞こえてきていますbell
お祭り好きな方にとっては何より楽しみな季節でしょうねnote

さて、今日は舌のクセについて書いていこうと思いますpencil

最近ではテレビや本でも【低位舌】(ていいぜつ)という言葉が少しずつ使われるようになってきましたがみなさんはご存知でしたかsign02

当院でも初診でお見えになった患者さまのお口を拝見するときに、どんな歯並びか、どんな治療が必要かなどのお話をしていきますが、その時に「舌のクセがありますね」とお伝えする必要のある方がいらっしゃいます。

舌のクセ・・・いったいなんの事でしょうsign02

まだまだご存知ない方が多いかと思いますが・・・お口の中の舌にもベストポジションがあるのですflair
逆を言えば、そのベストポジションに舌を置けていない方は何らかの弊害に合うことになりますbomb

歯の矯正治療に関して言いますと、舌のクセがある方は、そのクセ(癖)によって歯並びが悪くなっている場合が考えられ、クセを治さずに矯正すると必要以上に治療期間が長くかかってしまったり(何年も延びたり)、一度矯正治療を終えても舌のクセによってまた元の歯並びに戻ってしまったりするというとても厄介なものなのですshock

その他に考えられる舌のクセによる弊害は・・・
①口呼吸になりやすいkissmarkimpact
・口腔乾燥症(ドライマウス)
・歯周病
・むし歯
・唇の乾燥、めくれ
・口呼吸による自律神経の乱れ
・口臭の悪化
②肩や首筋が凝るimpact
・舌の筋肉が正しく動かず首に負担がかかる
③誤嚥性肺炎(死亡要因の一つですね)になりやすいwobbly
・飲み込む動作が正しくできずに気道に異物が入りやすい
④良質な睡眠がとれないsadsleepy
・舌がのどに落ち、イビキをかきやすい
・睡眠時無呼吸症候群になりやすい(昼間眠たくなり事故の原因になったり、死亡原因になったり)
⑤顔貌(顔つき)がたるみやすいshock

こんなに体に悪いことだらけなのですcrying

歯並びに影響しているのであれば、早くきれいに治療が進むように舌のクセを治すことも大切ですが、普通に健康で長生きするためにも舌のクセは絶対に治した方が良いものなんですねpunch

KAN歯列矯正クリニックでは舌のクセがある方をきちんと見極め、口腔筋機能療法の講習を受けた歯科衛生士が患者さま一人ひとりに合わせた方法でトレーニングを行っておりますconfident

「舌のクセがありますね」
もしそう言われた方は、ご自身の健康のためにもしっかり指導を受けて治すことをお勧め致しますshine


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 KAN歯列矯正クリニック | 記事URL

2015年4月15日 水曜日

矯正装置ってどんなもの???

こんにちはhappy01

このところ毎日雨ばかりでしたが、ここ浜松市では今日は良いお天気になりましたsun
みなさんお洗濯に追われた朝だったのではないでしょうか・・・t-shirt

さて、みなさんは矯正治療とか矯正装置と聞いてどんなものを思い浮かべますかsign02

少し前までは矯正装置と言えば、銀色の四角い小さな装置が歯の表側にズラ~っと並んで付いて・・・と想像なさったのではないでしょうかeye
今でも想像するとなると同じような感じなのでしょうか・・・?

矯正治療というのは歯並びを正しい位置に治し、全身の健康へと繋がるよう個々の歯本来の機能を取り戻す目的を持った治療ですflair
決して見た目を改善するだけのものではないんですねdog

歯並びが悪いといっても、その状態は人それぞれ。
治し方も使う装置もさまざまですwrench

治療をスタートするご年齢によっても、そして最初の歯並びによっても使う装置が異なりますflair
最近では歯の表側に付けるものも、極力目立たないような色や素材になってきましたshine

目的によっては取り外しの可能なものや、歯の裏側に付けることも可能なものも出てきていますchick

患者様側からすれば目立たないものに越したことはありませんよねconfident
ただ、目立つもの目立たないもの、それぞれに利点と欠点がありますdanger
目立つものは比較的ご自身の手入れが楽だったり、逆に目立たないものは患者さんの根気が必要でお手入れが大変だったり、金額の違いがあったりと何を優先したいかにもよりますね。

当院では初診のご相談の時点で、患者様のご希望をよく伺い、その方に最良の治療法と装置をご提案させていただきますconfident

現在ではインターネットが普及し、患者様がいろいろな知識をお持ちです。
そんな中「どの装置がいいのかわからないbearing「この装置で治したいhappy02などのご意見も人それぞれあるかと思います。
そのご意見を伺った上でどんな治療がよいのか一緒に決定して参りますcherry

お口の中の状態によってはご希望の装置では治療が不可能な場合もございますが、その場合でも他のご提案をさせていただきますclover

「歯並びは治したいけど装置は付けたくないからやらないsign01」とご自身で結論を出さず、まずは装置にどんなものがあるのか聞いてみるだけでも価値がありますgood

歯並びが気になる方はKAN歯列矯正クリニックへご相談くださいhospital
ご相談だけで治療を開始しないという選択ももちろん可能ですので、初診相談はお気軽に受けていただけますhappy01

尚、初診相談も完全予約制となりますので、ご希望の方は予約をお取りくださいtelephone




このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 KAN歯列矯正クリニック | 記事URL

2015年3月18日 水曜日

学生さんは春休みになりますね♪

こんにちはtulip

「春はいつ来るの~sign02」というまさかの3月の極寒を経て、急に暖かくなりましたねsun
たった1日違いで真冬の装いから一変して春物へ・・・着る物に戸惑いますねcoldsweats01
でもまだ今週末には寒気が来るとか・・・油断できませんbearing
夏の暑さに弱い分、冬には強い私でありますが、一度暖かくなりかけると体が油断をするので、むしろこの時期の方が寒さに弱いです~wobbly

こよみは3月に入り卒業式や終業式の季節、いよいよ学生さんたちは春休みになりますねnote
みなさんはどこかお出かけの予定がありますかsign02
花粉が舞う季節とはいえ、暖かくなってくるとなんとなく嬉しくてお出かけしたくなりますよね~car

春休みは進学や新学期への準備でもなかなか多忙な時期でもあるかもしれませんrunsweat01
みなさん気温差で体調をくずさないようしっかり自己管理してすごしてくださいねclover

さて、春休みに矯正相談に・・・とお考えの方はKAN歯列矯正クリニックにご相談くださいconfident

当院は小さいお子様から60代の方というように幅広い世代の患者様がいらっしゃいます。
むし歯の治療とは異なり、長い期間のかかる矯正治療、なるべく快適に通っていただけますよう、コミュニケーションも大切にしておりますhappy01
小さなお子様も通い始めると怖がることなくニコニコ笑顔で通院してくださいますnotes

また、当院では歯並びを悪化させている可能性のある口腔周囲筋(口の周りの筋肉)の動きやクセに目を向け、必要に応じてMFT(口腔筋機能療法)を指導させていただいておりますchick
ただ歯並びを治すだけでなく、その原因を考え、患者様とよりきれいな歯並び作りを目指しますcherry
原因を考えることにより、矯正後の後戻りを防ぐことに繋がりますgood

矯正のご相談も完全予約制となりますので、ご予約希望の方はトップページの診療日程カレンダーをご覧の上、お電話またはメールで希望日をお知らせくださいtelephonemailto









このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 KAN歯列矯正クリニック | 記事URL

2014年6月25日 水曜日

歯列矯正に年齢制限はありません

「矯正」と聞くと、子どもがするものと反射的に思われる方も多いのではないでしょうか。
実は、矯正は年齢に関係なく行うことができます。
事実、歯列矯正を専門とする当院には、浜松市やその周辺から、さまざまな年代の方が治療に訪れていらっしゃいます。

患者様のお話を伺うと、「接客業に就いたので、印象をよくしたくて」「ようやく経済的なゆとりができて」など、成人してから歯列矯正を行う理由はいろいろあるようです。

もちろん、子どものうちに矯正をする方が早く効果が出やすいといった側面もありますが、成人してからでも、多くの方が美しい歯並びを手に入れられています。

歯列矯正を始めるのに年齢制限はありません。
歯並びにお悩みがある方、まずは、当院へお気軽にご相談ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 KAN歯列矯正クリニック | 記事URL

2014年6月19日 木曜日

幅広い層の歯列矯正を行っています。

矯正歯科と聞いて、お子様に特化した治療という先入観をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

歯列矯正はお子様ばかりでなく成人された方や壮年の方も行うことが可能であることは意外に知られていないようです。

お子様が多い理由は、乳歯から永久歯に生え変わる段階であることや顎の骨がまだ柔らかいため、矯正治療が行いやすいためです。
また、お子様の歯列矯正の場合は、抜歯のリスクが低いという点も特徴です。

当院は、浜松市全域の歯科医院の中でも数少ない年齢層に応じた歯列矯正を行っていることから幅広い年齢層の患者様が大勢お越しになられます。
例えば、30代のある患者様の場合は、マウスピースタイプの透明の矯正装置を装着することで矯正を行い、お仕事にも支障がでないことからご好評を賜っております。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 KAN歯列矯正クリニック | 記事URL