スタッフの日記

2014年11月27日 木曜日

甘い物が美味しい季節、むし歯にご用心

こんにちはapple

2日間の雨天も去り、今日はお日様が顔を出してくれましたねsun
この雨の2日間も私の晴れ長靴はパワーを発揮してくれていましたhappy01

さて、季節も冬に突入dash
秋から冬にかけては甘い物がいちだんと美味しく感じられますよねhappy02
テレビでも秋口からチョコレートのCMが増えだしますtv

しかし、甘い物について回るのがむし歯の不安bearing

なぜ甘い物でむし歯ができるのか・・・

それは、甘い物がお口に入ると、口の中のむし歯菌がその糖分を栄養として取り込み、排泄物として強力なを出すんですsweat01
そのむし歯菌が出した強力なによって歯が溶かされてしまうのですshock

だからといって歯科的に甘い物が100%NGというわけではありませんgood
歯科従事者の私も甘い物が大好きですbleah

甘い物で歯は溶けやすくなりますが、食べ方や食べた後のケアでむし歯を防ぐことも可能ですscissors

昔、私が幼稚園児だった頃、母の歯の定期検診にくっついて歯医者さんに行ったことがありました。
その日の私はただの付添い。
ところが私にとっては大きな問題があったのです。

その日の私のポシェット(小さな肩掛けバッグ)にはキャラメルが入っていたのですbag

幼い私は、歯医者=甘い物NG=怒られるorキャラメル没収
という恐怖でいっぱいでしたweep
母が診察を受けている間、待合室で一人ポシェットをぐっと握りしめて怯えて待っていたのを思い出しますcoldsweats01

当然、歯医者さんに持ち物検査をされるわけもなく、無事に帰ることができたのですが、幼い私でも甘い物は歯にいけないものなんだという認識があったのだなぁと我ながら感心smile

さて、お話が反れましたが、甘い物を楽しみながらむし歯も防ぎたい、そんなあなたに注意のポイントをお伝えしますheart01

①甘い物を食べる時の飲み物は甘くないもの
②食べる時間と食べていない時間のメリハリをつける(だらだら時間をかけてたべない)
③食べた後に歯磨きをきちんとする
④ふだんからフッ素入りの歯磨き粉などで歯の質を強化しておく
⑤歯の間のケア、フロスを毎日使用する

この中でも意外と大切なのが②ですflair

お口の中に食べ物が入っている時間から食後しばらくが歯の溶ける時間です。
食べていることが多くなればなるほど歯が溶けていくので「食べない時間」をしっかり長めに空けることが大切ですsign01

これらを守って、甘い物、ほどほどに楽しんでくださいねbleah

甘い物と言えば、先日京都に行って参りましたcardash

清水寺の紅葉ライトアップを目的に、途中食べ歩きも楽しんできましたhappy01


京都の甘味は格別でしたよ~happy02

清水寺のライトアップは12月7日(日)までだそうです。
みなさんもチャンスがあればいらしてみてくださいnote

投稿者 KAN歯列矯正クリニック | 記事URL

2014年11月21日 金曜日

MFT学会に行って参りました!

こんにちはapple

今日ここ浜松は良いお天気となりましたsun

昨日一昨日と東京で日本口腔筋機能療法(MFT)学会学術大会があり、行って参りましたbullettraindash
19日は研修会、20日は学術大会となり、先輩は前日から私は20日のみ参加してきました。
(雨女の私はしっかり雨を連れて行きましたcoldsweats01


MFT(口腔筋機能療法)とは口の周りの筋肉の機能を改善する訓練法ですflair

矯正歯科の分野では舌や唇などの異常な動きによって歯並びが悪化している場合があり、その異常な動きを正常化するようトレーニングを行い、歯並びの改善に繋がるよう導き、矯正治療後の安定もはかりますpencil

簡単に言うと、歯列の正常な形態を維持できるよう環境を整えるというトレーニングですwrench

お口を取り囲む個々の筋肉のトレーニングに加え、咀嚼、嚥下の訓練を行い、舌と口唇の正しい安静位を得ることによって歯列に対する筋肉の圧力のバランスを整えますrecycle

ご存じですかsign02歯の生えている位置は周りの筋肉の圧力や噛む圧力によって決められてくるんですよ~eye

今回の学会でも様々な発表があり、勉強になりましたsign01
きちんとお口の周りの筋肉を正しくつかうことでお顔の印象も明るく素敵になったという事例が印象的でしたshine

歯並びと言えば、子供から大人までを想像しますが、なんと生後数か月の赤ちゃんの離乳食の与え方も将来の歯並びに影響するんですsign03
よく、指しゃぶりが長く続いたり、おしゃぶりや哺乳瓶がやめられなかったりすると良くないとは聞きますよねear
でももっと早い時期から気をつけてあげる必要があるそうですwobbly

もちろん、すべてを気を付けていても顎が成長しきらなかったり、遺伝でかみ合わせがズレたり、歯が変な場所から生えたり足りなかったりとどうしようもないこともありますweep

でも、親御さんや周りが気を付けてあげることで将来の歯並びも大きく違ってくると思いますchick
なかなかそういった細かいことを教えてもらえる機会がないのが残念な現状ですね・・・。

今現在、ここKAN歯列矯正クリニックでも患者様の中に妊婦さんや小さいお子さんを抱えるお母様もいらっしゃいます。
患者様のお口だけでなくその方のお子さん達のお役に立てる何かができたらいいなぁと感じましたconfident

当院では歯並びを治すだけでなく、その歯並びを作っていく原因を追究し、必要に応じてMFTを行っていますhappy01

ついつい口呼吸になってしまう方、奥歯をかみ合わせても前歯がうまく噛めない方、最近口が閉じ辛くなってきた方、いつも舌を上あごにつけているのが辛い方、そんなあなたはMFTが必要かもしれませんsign01
当院にお越しの際にはスタッフに聞いてみてくださいね~heart04

投稿者 KAN歯列矯正クリニック | 記事URL

2014年11月12日 水曜日

風邪が流行る季節となってきました(>_<)

こんにちはmaple

今日はまた冬らしい北風の強い朝となりましたね~typhoon
最近、日中と朝晩の寒暖差が激しく、また日によっての気温に差があり何を着てよいのか毎日悩みます・・・。

季節の変わり目は毎年「こんなに着る物なかったかしらsign02」と思ってしまいますcoldsweats01
そうは言いつつも毎年何かしら購入しているので正確には増えていてもおかしくないのですが。
毎年シーズンオフ時にガッツリ処分しているなら話は別なのですがそうでもないし・・・。
みなさんはそんなことありませんかsign02

さて、この気温差のせいでしょうか「風邪を引いた」との声をちらほら聞きますear
ここKAN歯列矯正クリニックに通われている患者様の中でも学生さんによっては「学校ですごく流行ってる」とお話しされる方が何人かいらっしゃいましたcoldsweats02

そんな中、私も風邪を引いてしまいそうな気配があったので、グリーンスムージーを毎日徹底化してみたり、ビタミンのサプリをしっかり摂ったり、野菜しっかりめの食事で栄養を取ったりと自分なりに頑張ってみましたapple

ところで栄養がしっかり取れるといったら中華ですよね~(私の勝手な意見)notes
ここKAN歯列矯正クリニックの創業者の関先生はお料理がとても上手で、中でも中華がダントツ絶品sign03
プロのような中華を作ってはスタッフにふるまって下さいました~lovely
私は中華料理が大好きなので、先生のお料理も大好きでしたheart04
その関先生が昔「中華は一番栄養バランスの良い料理なんだよ」と仰っていたのを今でも覚えています。

そこで「風邪を引きそうなら中華で栄養取るべしpunch」と先週日曜に近所の行きつけの中華料理屋さんへGOdash
そのお店は本場中国の方が作っていて、すごく安くて早いのに本格中華shine
ホテルレストランにも負けない美味しさがあるのでお気に入りで良く出向きますsmile

さてここでいきなり問題ですflair
これはいったい何に見えますかsign02


正解はピーナッツですbleah

抜けた歯に見えたそこのあなたsign01
あなたはきっと歯科通ですね~happy01good

そう、私も思わず抜けた歯の断面に見えてしまい、すかさず写真をパチリcamera

実際はこんなお料理でしたrestaurant


忍び寄る風邪を吹き飛ばすような辛い物が食べたかったので、こんなお料理を頼んでみましたnote
ちなみに赤いのは唐辛子の一種らしく、名前を聞きましたがウエイトレスさんにはわからないそうでしたdown
「辛い物好き、食べる」(辛い物が好きな人は食べるよ)と片言で教えてくれたので試しにトライrock
1つ半食べましたが辛い辛いwobbly
それでも味はドライトマトと唐辛子を合わせたような味でとっても美味しかったですshine
辛い物と野菜とお肉をいっぱい食べて元気をもらって帰ってきましたhouse

みなさんのここぞという時の風邪予防アイテムもお聞きしてみたいですhappy02
クリニックにいらっしゃった際には是非教えてくださいねkaraoke

空気も乾燥してきますsnow
手洗い・うがいしっかりしていきましょうねpunch
そしてそしてみなさん、鼻での呼吸をお忘れなく~shine
お口での呼吸は万病の元ですよ~ban

投稿者 KAN歯列矯正クリニック | 記事URL