矯正歯科@浜松 ホーム > 口腔筋機能療法(MFT)

矯正と共に進める「口腔筋機能療法(MFT)」(Myofunctional Therapy)

矯正と同時に進める「マイオファンクショナルセラピー」

矯正治療をより早くより効果的にするために

浜松市にある当院では、矯正希望で来院される患者さまに対し、必要に応じてこの「口腔筋機能療法(Myofunctional Therapy以下略MFT)」を施しています。
指導はこの口腔筋機能療法(MFT)の講義を受講した歯科衛生士が行なっております。

これは、いわゆる口の中のクセである「常に口が開いている」「舌で歯を無意識に押してしまう」「指をくわえてしまう」「爪を噛む」などが原因の一部となって悪化した歯並びや、舌の運動状態を正しく修正していくプログラム、お口の筋肉エクササイズです。

歯を取り囲むさまざまな筋肉の間違った運動により、歯の位置が正常でない場合、単独で矯正治療のみ行なってもなかなか治らない、または一度改善しても装置を外した途端に元に戻り始めてしまうことがあります。

この口腔筋機能療法(MFT)を治療と平行して行なうことにより、必要以上に期間がかかる原因を取り除いて治療がより順調に進むようはかります。

歯並びを悪くしている原因が口周りの筋肉のクセによるものが大きい場合、このエクササイズをしっかり行ない、正しい筋肉の動きをマスターすることにより装置を付けなくても見た目がかなり改善されることもあります。

お口が常に開いているお子さんをはじめ、年齢によって口周りの筋肉が落ち始めたアンチエイジングを気にされる年齢層の方にも効果的です。

最初は難しい?

最初は違和感?

それまでのクセを改善していくことを練習するため、最初は大変に思うかもしれません。
鏡を見ながら、舌の動きを確認したり、患者さまお一人ずつのクセに合わせて必要なプログラムを組み、段階を踏みながら行なっていきます。

お口に意識を持っていくことで、よくないクセが治ることと、ひとつひとつプログラムを達成することにより「自分にもできた!」という自信は矯正を続ける大きな支えとなります。
徐々に国内でも認知度があがってきた口腔筋機能療法(MFT)、気になる方はお気軽にお問い合わせください。