矯正歯科@浜松 ホーム > 年代別の矯正歯科治療 > 10代のあなたの矯正

10代のあなたの矯正

10代のあなたの矯正

痛みを減らす矯正

10代から歯列矯正を行うことは、さまざまなメリットがあります

10代から歯列矯正を行うことは、さまざまなメリットがあります

周りで矯正を始める人が増えるときです。痛みの少ない矯正ができる成長期に、一番目立たない装置で治療しましょう。

歯列の矯正と一緒に歯並びを広げることで、永久歯を抜かず、歯並びを治すことができるかもしれません。

大人になったときのアゴの骨格バランスを視野に入れて矯正していきます。

多感な時期を前向きに過ごすために

感受性も増し、とくに女の子の場合はまわりの目が気になる思春期。おしゃれに敏感なお子さんは、人と自分の歯並びを比べて一層気になるようです。
ついつい口元に手がいく、下を向いていることが増える、自然に笑顔が少なくなってしまうなど、口元への悩みが増していきます。

歯列を矯正することは、歯並びを単に美しくするだけでなく、気持ちも明るく前向きになり、心も体も健康的に過ごすことができます。

女子中高生はオシャレ感覚で

女子中高生はオシャレ感覚で

「歯の矯正はオシャレのひとつ」。そう感じている女子中高生も多くいるようです。
矯正器具も最近は目立たないものから、カラフルでかわいいものが出てきています。楽しみながら矯正治療を行えるので、気持ちの負担も減ることでしょう。

永久歯を守ります

永久歯が完全に生え揃う前(「混合歯列期」や「乳歯列期」)に矯正を始めれば、永久歯が生える位置(面積)を確保することにもなります。

そうすることで、歯を抜かないで歯列矯正を行うことができます。また「拡大装置」でアゴの骨を広げることで、歯が生えるのに必要な「すき間」をつくることもできます。

アゴのバランスを整えることができます

アゴのバランスを整えることができます

虫歯や噛み合わせの影響からか、ついつい片側の奥歯でばかりで噛んでしまうことを「偏咀嚼(へんそしゃく)」といいます。
それをずっと続けているとアゴの骨のバランスが悪くなり、さらに片側でばかり噛むという悪循環に陥ります。

歯列矯正と一緒に成長するアゴのバランスを整えることは、正しい咀嚼をうながし、偏咀嚼を改善できます。

歯の健康や、お口の中の衛生に対する意識が高くなります

歯列矯正を始めると、当院に何回も通っていただくことになります。
歯科医や歯科衛生士である私たちとの会話を通じて、歯への関心を持たれる方も少なくありません。

歯ブラシの使い方の練習をしたり、必要に応じて口腔筋機能療法(MFT)を受けたりすることで、歯の健康への意識も高くなります。
実際、当院で現在勤務している歯科衛生士には、学生時代に通院していた元患者もいます。