30代の大人の矯正

30代の大人の矯正

仕事と家庭、時間に追われながらも自分に投資できる時期

「矯正は子どもがするもの」と、思っていませんか?

「矯正は子どもがするもの」と、思っていませんか?

30代になってから歯列矯正を始める方は、実はたくさんいらっしゃいます。
仕事を持ちながら、噛み合わせの補正のために歯列矯正をしている方も多いのです。
以前と比べて矯正の技術が進歩し、矯正も一般的になりました。金銭面に余裕ができるこの頃から、歯列矯正の治療に踏み切る方が少しずつ増えています。

ビジネス面で活きる歯並び。人柄と見た目も大事な場面もあります

欧米ではもう、歯列矯正は一般的になりました。歯並びの善し悪しは「社会的地位」に影響を及ぼします。歯並びが悪いと「だらしない人物」と判断され、ビジネスシーンでは損をすることも多く、昇進にさえ影響するそうです。
それほど深刻ではない日本でも、接客業をはじめ、対人、対面のお仕事をされている方は男女を問わず、やはり美しい歯並びのほうが印象はよくなるはずです。

歯列矯正の技術や器具が格段に進歩しました

歯列矯正の技術や器具が格段に進歩しました

1980年代の矯正器具(マルチブラケット)は、金属の装置。装着したときの見た目も、金属の固まりを噛んでいるようで、あまりよいものではありませんでした。

しかし最近は、クリアブラケットや、痛みや歯の動きに合わせたオーダーメイドのマウスピース(日本製)などの透明な装置の装着感に人気が集まっています。
また、歯の裏側に取り付ける矯正装置もあり、見た目の問題はかなりクリアされてきました。女性も社会で活躍する時代。以前の装置より目立たないため、「仕事上、矯正中の歯は見せられない」という方でも場合によっては矯正治療を受けることが可能です。

経済面や精神面の充実から

女性がビジネスシーンで活躍しています。以前なら結婚は、家庭に入るきっかけになっていました。しかし、今では仕事を続けることが結婚の条件という方も珍しくありません。子育てや家事にかける時間やお金を、ご自分の歯列矯正にあてる方も増えています。

明瞭な発音で、スマートなコミュニケーション

美しい歯並びだと、無理のない発音も得られます。英語を学んでいる方には必須かもしれません。歯並びが悪いと、日本語の「サ行」「タ行」「ラ行」、英語ならVやCH、SHの発音が不明瞭になってしまいます。歯の位置が正常になることにより、発音が改善されることもあります。